スポンサーサイト

  • 2011.08.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    愛用の鏡

    • 2010.11.13 Saturday
    • 10:26

    パンチュールペイザンヌで描いたミラー
     

    普段はキッチンにある棚の上に置いて使ってます

    初期の頃の作品なので、アップで見ると
    だいぶアラが見えますけど、でも、一番重宝してるものかな



    お花はまあまあきれいに描けてます?(笑)


    パンチュールのバラは幾種類もありますが基本のバラはこれです

    黄色い絵の具のついた筆のまま白を取り
    微妙な混じりあいが出るように描きます
    このバラ、いくつ書いたことやら。。




    ケシの花は左の作品でも使ってますが
    バラよりも描きやすくて好き



    くまのミニバケツ

    • 2010.03.16 Tuesday
    • 14:59

     


    トールペイント作品で、くまをモチーフに描いたミニバケツです。
    写真にすると何だか大きく見えますが
    上のくまちゃんが待ち針を持っているように
    綿を布でくるんで入れたらかわいいピンクッションになるくらいの大きさです。





    ピンクに淡〜いグリーン系のグラデーションを効かせて
    全体的に優しい感じに仕上がってます

    小さくてもくまの毛の質感を出すのやシャドーの入れ方が難しい。。



    クリスマスの楽しみ♪ その3

    • 2009.12.12 Saturday
    • 11:43




    山手の洋館めぐりで目を惹いたのは、窓飾りです。
      こちらはゴールドを基調としたエリスマン邸のシックな飾りで
      落ち着いた中にも華やかさはあります。
      






    こちらは111番館の窓辺。
      2階は赤を基調とし、クリスマスらしいかわいいディスプレーです。
      わが家には出窓がないので、こういうのは憧れちゃいます。
      天井からつるすって、なんだかワクワク感がありますよね。







    港のみえる丘公園を望むイギリス館の窓辺はこんな感じに。
      色目はシックですが、存在感あります。
      午後の日差しに映えて美しい。逆光のため真っ暗になってしまうので
      明るいモードにしましたが白っぽくなってしまいました。。





    窓飾りは出来ないのですが、玄関先にはいくつかクリスマスグッズを置いたり
      飾ったりしながら毎年楽しみます。
      こちらはトール作品。習ったパンチュールとは違い、アッセンの手法を取り入れた
      ものなのでちょっと難しかったです。一筆で描くリボンはなかなかうまくいかず
      先生に手伝っていただいた記憶があります(苦笑)

    バラ尽くし

    • 2009.11.22 Sunday
    • 22:24


      バラのバスケット

    蓋部分をペーパーレースでステンシルのようにたたき模様をつけ
    中央にバラの花を描きました。 もち手や箱にも小花を散らしています。
    パンチュールペイザンヌはバラ模様が多いのですが、このバラは
    比較的簡単に描け、シンプルなので好きです。

    後ろの絵もバラなのですが義兄がガッシュで書き上げた作品です。
    額縁がまたステキなのです。




    そして同じく玄関に飾ってあるミニバラの鉢植え。
    可憐な淡い黄色い花を咲かせてくれました。
    お花は癒し効果がありますね。。

    ウエルカムボード

    • 2009.10.29 Thursday
    • 00:08


          くまのウエルカムボード 

    トールは最近ほとんどやっていなくって、過去の作品群からエントリーしてます。
    最初はスイスの素朴な手法、パンチュールペイザンヌを習いましたが
    先生がそれだけにとらわれずに、アッセンやアメリカンなども手ほどきして
    下さるときもあり、とても楽しかったです。 これはその先生とは違う方に
    教えていただき書き上げたものですが、くまの部分が一番苦労しました。

    けしの壁飾り

    • 2009.10.20 Tuesday
    • 11:10

     

    スイスのパンチュールペイザンヌで描いた芥子(けし)と麦、撫子

    芥子の赤い花びらを大胆に、他を繊細に描いた作品で描いていて面白かったです。
    ポピーという呼び名はパピルス(紙)に由来しているそうで、実際のお花は薄くて繊細。
    子どもがお腹にいたときに房総の花畑でポピーつみをしたことがありますが
    すごく優しい気持ちになれたので、胎教に良かったなぁ。
    風にたわわに揺れる様が優雅で大好きす。
    花言葉は、慰め、いたわり、陽気で優しい、思いやり




    が映りこんでしまっていますが、玄関正面のガッシュで描いたポピー(義兄作)

    welcom!

    • 2009.10.17 Saturday
    • 22:52



       マーガレットの玄関飾り(トールペイント)


    はじめまして。ゆきぼんと申します。

    手作りが好きで、ビーズワーク・パッチワーク・シャドウボックス等楽しんでいます。
    お教室で作る作品もありますし、キットを購入したり、時には自分でデザインも。
    家に飾って楽しんだり、お礼に差し上げたり、フリーボックスに置いてもらったりと
    自由気ままにやっていますが、手元から離れてしまうものも多いので
    自分用の記録としながら、手作りがお好きな方に観ていただけたらと思い
    ブログを立ち上げました。
    手作りにまつわるいろいろも書いていけたらと思います。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    2011.2.9〜

    500色の空

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM